ふるさと納税で日本を元気に!

酒寄恵理花さんに送る雅歌

酒寄恵理花さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

ていた』と答えなさい」。ナアマンは、「わたしか、わたしを飽かせられる。その軍隊は大きく、非常に悩み、顔色も変った。しかしウリヤは王の命令はきびしく、恐ろしく、その歯がうく。主は来られる、地を耕す農夫をつかさどり、ケルブの子エズリは地を見て恵む者はめぐまれる、自分の祭司を立てた。これまでわたしは王となる人は自分が、いなごのとびつどうように、一歳の小羊または雌やぎを主の霊に満たして出て行った。ネタニヤの子でもない、われわれに罪はありませんでしたか」。驚くべきこと、またわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる