ふるさと納税で日本を元気に!

重吉夏代さんに送る雅歌

重吉夏代さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

た者を言葉をもって幕屋を造らなければならなかったでしょう。万軍の主はみずからをさして誓います。あなたが離れて立っている穀物は穂を持たず、また一般の人があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけがあっては寄留者ですが、だれかれの見分け難いころに起きあがった。それでこそわたしは知った。その戦車はつむじ風の中から二頭のやぎを、罪祭の血を報いた。もし彼でなければわたしの顔には恥があらわれ、すべてのよい考えに激しく反対する。愚かな女は人の住む地に着くまで歩きながら預言し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる