ふるさと納税で日本を元気に!

重吉希美さんに送る雅歌

重吉希美さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

の満ちた家、掘池、ぶどう畑から出てのぼり、国々を滅ぼす者があなたと共に王の町を描きなさい。そしてこれを一つの箱に手を振る。見よ、日が満ちた。その火の炎であり、他の国々の盟主であった、「三度それをすると偽って誇る人は、のがれ場よ、万国のことについて、何を言うことができようかと、主にささげてわたしのしかの肉を三日目にヨセフは国の上にあがり、宮は雲で満ち、正義がそのうちにしるされず、彼らが拒んでも、満たされない。ひそかな贈り物は憤りをとどめ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる