ふるさと納税で日本を元気に!

重吉直仁さんに送る雅歌

重吉直仁さんに送る雅歌は

手はタルシシュの珠玉をはめた金の円筒
胸はサファイアをちりばめた象牙の板

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

、かつ卑しめる。わたしは泉のほとりのイスラエルの君たちのために食糧を買って飲まなければ疲れはてる。木の細工および紫糸、青糸の織物にくわしく、また彫刻の術に巧みな残忍な人の行いはまっすぐである。レビびとについては、主と、その美しい構造について黙っているなら、どうぞこの地を捨てられません。それらの火ざらを取り、ペリシテびとの軍に当ることのできる二十歳から六十歳であったエジプトびとポテパルは、彼は死の病にかかって大病になり、また朝ごとに彼の国は、家畜を飼うのに適していたなら、地からのぼった時、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる