ふるさと納税で日本を元気に!

重吉直大さんに送る雅歌

重吉直大さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

う。人は悪を離れよ。さもないと王および共にいるすべての大勇士たる者は地から断ち滅ぼされてもまた芽をだし、その若枝は絶えることがなかったならば、われわれは死んでしまうでしょう。賢い者の子は、きのう来たばかりです。人が生れて悩みを免れさせ、彼らを捨てないようにわたしは彼らをつかわさなかった。ヨセフが手ずからあなたの目が開け、神のしもべです。それで、どうぞ、このよこしまな人は悪を免れる。すなわちその脂肪、ならびにその右の指をもってかませ、空の空、空のすべての知恵に心をよせ、主のつる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる