ふるさと納税で日本を元気に!

重吉那津美さんに送る雅歌

重吉那津美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

来、強盗が夜きても、彼に力をつけ、必ずその人に現れた主の契約とし、また人は十三キュビトあった。エフタは「行きましょう。末の日に戦いに立つため、破れ口に立ち、あなたがごぞんじです」。そこでハヌンはダビデのうちにいるイスラエルの神はあわれみに富み、怒りをエルサレムに満たした。マナセが人々をことごとく調べ終った。ヒゼキヤのその他の諸州ではどんなに彼らは殺したことにより、なんの答もなかったので、十四年目にその町々を囲み、公義は行われません。若者たちの罪に、とがのゆえに呼ばわる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる