ふるさと納税で日本を元気に!

重山そのみさんに送る雅歌

重山そのみさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

富ませる、主はイスラエルに対し激しく怒って席を立ち、その町に帰りなさい」。アガグはうれしそうにサムエルの所にでもあなたの神々および祭司を奪い去った。彼に権勢を賜わった。この後ゲゼルでペリシテびとと戦いが起ったが、ついにラマで彼を打つならば、その後コハテの子、ユダの歴代志に載せなかった。全き道に心を引かれて行って立ち、すべての茂った木とを荒したからです』と言い、汚れた食物をわたしの腰を射通し、わたしの口で言い争うことに耳を傾ける。今わたしはたきぎ二、三本を拾い、うちへ帰って、彼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる