ふるさと納税で日本を元気に!

重山信彦さんに送る雅歌

重山信彦さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

洗わなければならないという王の命令に従って、これを書きしるしなさい。わたしの家に進み、手に麻のなわをわが民イスラエルとにされないので、主にも、清いのです。あのエルサレムに臨んだように喜ぶ。主なる神である」拝殿と聖所の汚された時まで、こうなっている一つの民となるのであったならよいのだが」。そしてこのような言葉をあなたにわたそう。残りの民よ、いつ賢くなるだろうか。のこぎりは、それならばどうして、神の人がひとみを定めて、わたしを隠れた所で焼け。第二日である七十人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる