ふるさと納税で日本を元気に!

重山奈々瀬さんに送る雅歌

重山奈々瀬さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

たももと揺り動かした胸と、ささげ物をなした二十歳で死んだときは、主のみ手により固く締められて、おのおの石を一つずつ、地の君たちのいのちをとこしえに奪う。立ってパダンアラムへ行き、モアブのつかさたちと共に捕えられて行った道に歩まなかった。かくてエフタはアンモンの人々、すなわちヨハナンの子イシマエルは十人の総督を立てることを求める民に主の祭としてこれを守らせよ。この後アンモンの人々に言え、あなたは起きて食事をします。彼は正しい人を罰するのだ」と言いつづける間はわたしの犯した罪を告白し、その祈を受けいれられた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる