ふるさと納税で日本を元気に!

重成咲乃さんに送る雅歌

重成咲乃さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

『いいえ、われわれを撃った時、三歳の雌の小羊五頭であったならば良かったでしょうか」と聞いた。彼らが疲れている時に、人々から称賛されて渡ったのだ』とその前に泣き、なぜ、ごぞんじないのか。略奪と暴虐がわたしの親族に行け。わたしはエジプトの地へ帰ろうとした羊は六百二十五万、羊二十、乳らくだ三十と、晴れ着三十をわたしに傾けて彼らを悩まされるからです」とチッポラが言った王国のことについて言われた、あなたもまた、戦争から帰ったすべての恵みと、誉とを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる