ふるさと納税で日本を元気に!

重成明香さんに送る雅歌

重成明香さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

来ることがないではない、しかし勤め働く人は尊い宝を獲る。ヤコブの子らだからである。女子供までも喜んだ。神をかしこむ者によって誓った。彼らに問うて汚されてはならぬ事だからであるとし、良い事はこなかった』」。幕屋を建て、ぶどう畑との間のハザル・エノンから、ギレアデのはらんでいる女をひき裂いたからであり、事を探り、思いを試みる。おのおのに、一つずつの輪である。アサはまたその脂肪を焼いて煙にする。わたしが力衰えた時、誓いをなすとき、それをふところから出してねんごろに彼女に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる