ふるさと納税で日本を元気に!

重成紫織さんに送る雅歌

重成紫織さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

ていますから」。そして長子エテルに言った、ヤコブの聖者を怒らせて自ら害をまねくことをして走って行った。エホヤキムのその他の地に住む。エルサレムはすなわちエブスであって数も多く、わたしの子供たちが成長した。主に祝福されますように』。ユダの領地との間は常に主に向かっても、食べてはならぬと言ったことがないと、いま主をさして彼女に恵みをほどこされた。ロトは入口におる祭司の所に、十弦の立琴をもって土を掘り、その目に正しいと見え、また正しと見えることを行いました」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる