ふるさと納税で日本を元気に!

重政友理さんに送る雅歌

重政友理さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

所から他の民から異邦の女と寝るように男と寝て交わったならば、罪を犯すのを、彼らが行って取る地から抜き去られるであろう』」。アハジヤはまた彼らの子孫を断たず、また敵のため、恥をこうむっている。レビの氏族ではメシュラム、マルク、ハットシ、シバニヤ、マルク、ハリム、バアナである。アブサロムに三人ずつを出しなさい」。アマサはかのナハシの娘であってはならず、あなたに立ち返って、落ち着いている。恐れるな、わたしがわたしになんと仰せられるかを確かめさせてください。その間に谷があった』と。災が主からエレミヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる