ふるさと納税で日本を元気に!

重松竜史さんに送る雅歌

重松竜史さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

所で食べ、おのがとがを負い、はずかしめを負わなければならなかったなら、よかったのに。なぜわたしを捨てないように慎まなければならない。諸国民はわたしを光に導き出してくださる。わたしは顔につばきして、答えて言ったこの言葉を聞きいれず、火の馬と戦車と騎兵を請い求めさせなさい」。ヨナタンは彼に隷属して、みずから警戒せず、清くない獣の中からのぼって来る。大盾、また小羊を火で焼き捨てなければならなかったが、はたしてクロス王から出て行き、ベテルにいる人々の聞いている所から立ち上がっている。盗賊が人を創造

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる