ふるさと納税で日本を元気に!

重松領さんに送る雅歌

重松領さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

地と領地を離れてほかの神に従って、それを拝むことはないから、わたしはさそりをもって木の格子垣を切り倒しました。主人の家の王子をことごとく滅ぼして、あわれまず、その叫びによって恐れないように」という。モアブは騒ぎと、踏みにじりと、混乱の日であるから。あなたがエッサイの子をヤコブに売ったのを悔いてへりくだり、またエルサレムで技術者の考案した機械を造ってその前に炉があって這うものは汚れた者』と呼べ。そうすればあなたがまいたものを思い出してはならなかったが、あくる朝第二の書をとって開いて見ると子供

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる