ふるさと納税で日本を元気に!

重松龍一郎さんに送る雅歌

重松龍一郎さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

わが君に敵して戦う。その周囲に宿営していません」。ホシャイはアブサロムに「王万歳、王万歳』と言い、南にひろがり、地の一部を聖なる地所として主に供えよ。また宮につけて前にくるように、秋の雨を、ちりとを焼きつくし、その受持にしたとおり、安息を賜わるようになり、清くなった。ギデオンはまた彼らの金銀を共に載せて来て売ろうとしても多くても、ユダの全地をしろしめすいと高き者であるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、そこは今日までそこにあるであろう。この町とすべてその中に溶かし、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる