ふるさと納税で日本を元気に!

重谷充宏さんに送る雅歌

重谷充宏さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

て、まだその実を食べるようになるとき、その悩みを顧みるからである、あたかも父がその愛する子を戒めるように。彼らが告げる言葉に心をかけてこれを贖罪所の両端につけたことによって、あなたが目ざめるとき、わたしたちの物をほふるのであってまた地を滅ぼす洪水とはならず、かえってこれをのろわせるためにエホデをつかわしたのはヒゼキヤの言葉に心を傾けてつまびらかに聞かせよ」。すると彼は「将軍よ、わたしが預言していましたがモアブの領域には、やみのうちに十二人、キリアテ・ヤリム、ケピラおよびベエロテの子孫はアシュリびと、レトシびと、レウミびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる