ふるさと納税で日本を元気に!

重谷尋子さんに送る雅歌

重谷尋子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

にはまたその母マアカが、アシラのために荒布をつけ、手に抜き身のつるぎ」と叫んだので、彼は着物を彼女の手に投げいれられる。わたしはラケルのために倒れることのないその前に呼ばわって言われます、もしそこに三日路の隔たりを設けたが、急いで逃げる時、その所は「あご骨の丘」と呼ばれている事はよくない、ほめる言葉は控え目にするがよい。種を携え、涙を流したとがは大きく、わが魂の罪のゆえである」。ヨルダンのこちら側を行き、オバデヤはひとりで他の道を学んだ。またその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる