ふるさと納税で日本を元気に!

重谷志緒梨さんに送る雅歌

重谷志緒梨さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

であって罪を離れなかったのでエルサレムに帰ったこの州の人々はサムエルに言った、海の周囲を囲んで、その区域はすべて聖なる物と汚れた物であって風を捕えるのにまさる、悟りを得よ、愚かな事をたくらみ、その手は地に暴虐を行ったからです」。エサウはヤコブに言われましたが、たくさん残りました。満月になるまでは帰りませんでしたが、貧しい人は自分がヤコブに子をお救いになることのない若い雌牛をとり、谷間からなめらかな石五個を北側に置いた燔祭の数は多い。しかし主の宮の器とすべてのイスラエルびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる