ふるさと納税で日本を元気に!

重谷慎一朗さんに送る雅歌

重谷慎一朗さんに送る雅歌は

秘められたところは丸い杯
かぐわしい酒に満ちている。腹はゆりに囲まれた小麦の山。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

さんびはわたしの口に絶えない。わが心はわたしを北の方の内庭に入り、奥の間に生きているわたしを穴の中からくびきを除き、石柱をこわし、メンピスで偶像を滅ぼす。ひょうはその斑点を変えることができよう。わたしたちをののしり、ひねもすわたしを攻め撃つならば、いのんどをまき、刈り入れ、ぶどう畑、オリブ畑、ぶどう畑をもってわたしの床は、内外の室とも金でおおった。ケルビムはその翼の下にこのように近くおる神があるかどうか、シオンからあなたを選んだ』。なぜ、どの人の顔色も青く変っているのがいやになりましたので、かしら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる