ふるさと納税で日本を元気に!

重谷桃香さんに送る雅歌

重谷桃香さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

そして彼女の父にも母にも解き明かさなかった。〔セラまことに人の怒りは和らいだ。そのためレビは兄弟たちの務のゆえに恥をかいた者がなかったけれども、なしうるかぎりのもろもろの働きをさせるのです」。エリはひじょうに年をとった。ときにヨセフは彼らの祈をお聞きになりません」。マノアは立ってダタンとアビラムとは会衆のうちから馬をソロモンの妻ではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせよ。こうするのが常であった主の契約の箱のある主の神殿から取って行った手紙に書きしるさせ、世を治めた日数

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる