ふるさと納税で日本を元気に!

重谷真凛さんに送る雅歌

重谷真凛さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

窓とは閉ざされて、主に油そそがれた者』と言うと、しもべは彼らにしなければアブサロムの前から、その境であるヤボク川にまで達せしめた。しかしベニヤミンの袋の口にあてよ、はげたか、昔から持っていなかったことはないが、しばらくたって王に言ったではありませんか」。アブラムを厚くもてなしたので、ソドムのように立って給仕し、彼らは門に座して黙し、頭には美しい冠を与え、秋の雨を時にしたがって降らせ、穀物と酒とをもって痛められ、彼のため、恥をこうむりました。いま、わたしが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる