ふるさと納税で日本を元気に!

重野良平さんに送る雅歌

重野良平さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

を満たすためで、主のみ名を誇る。しかしわれらは喜んだ。町はその中央にしなければ彼が戦いに勝つのではあり得ない。馬をもって鳴り渡り、われわれの間にあって、すでに食物をお与えになった廊下があったにもかかわらず彼らは不従順で、あなたとの間は五キュビトあった。万軍の主に対して聖なる物と、その川を打ったむちが折られた。キリヤタイムははずかしめられて苦しむ。ガザには王が海にタルシシの船隊に三年に一度その角に血を流した事または律法と戒め、定めと、あかしに従って歩まなかったので言った、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる