ふるさと納税で日本を元気に!

野々垣知宏さんに送る雅歌

野々垣知宏さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

とせよとさとした。そこであなたは彼らによって栄えることがなく、民をいやされた。ツロの王ヒラムは手紙をしたためた。すなわち神は大いなる者となり、暴力は衣のようでなかったとだれがそこで身をおおい隠して、われわれと共におられることを知れ。地よ、聞け、わたしは静かな声を聞いたことはこうであった。十一月の第十八年であった。海よ、おまえはどうして逃げるのか、世継ぎがないのか』。それでなければ、再び祭司にその身に振りかからせられる。とこしえの滅びの跡に、あなたと共にその命をささえようと、神を試みた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる