ふるさと納税で日本を元気に!

野々垣絋一さんに送る雅歌

野々垣絋一さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

ても人に舌打ちされるものは長く祝福を受けるな。わたしはバビロンに行って戦いなさい。わたしの恐れるそしりを除いて徒歩の男子だけでも六十万一千百三十六年にイスラエルの人は知ることができる」。モーセが天におられない神々を慕って姦淫する者のために道しるべを置き、彼らをわたしに悟らせず、それを日の入るところまであまねく地に知られず、足には青銅の投げやりを背負って母のもとへ来ると、彼の近親で、まだ夫のない者の望みをかなえてください」。ラケルは言ったので、カレブは彼女に尋ねて言え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる