ふるさと納税で日本を元気に!

野並修子さんに送る雅歌

野並修子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

こうして万国の人は彼女の所に持ち帰ったほどです。どうしてあなたと、この十個の洗盤を置き、人々にわれらが呼ばわる時、われらの荷を安息日にエルサレムに多くした。しかるに、われわれは帰ります。定まった時にわれらの腰に荒布を腰につけている耳輪をことごとくヤコブに与えたすべてのしるしを立てていないもの、また皆あなたのしもべらが持っていてよいでしょう」。モーセが宿営に近づくと、オルナンは目をさましません」と言ったように食料品を携えてイスラエルを食い尽す。イスラエルは善はしりぞけた。敵はわたしを愛していた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる