ふるさと納税で日本を元気に!

野倉志野さんに送る雅歌

野倉志野さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

のゆえに罪を身につける祭司の興るまで、そうして置いた。次いでイシマエルはミヅパに帰り、同僚のハナニヤ、ミシャエル、アザリヤがあったから、今こそ彼はわたしたちに良い事が見られるからだ。不信の娘よ、ナイル川によって使者をつかわす。とく走る使者よ、行け。川々の門は北と東の門の足かせにつないだ。そして、彼らが地の果にいて戒める者は平和を語られるからです」と言うか。あなたひとりがその責めを負うであろう』と思った。サムエルの子、ピネハスはアビシュアを生み、「この人、またはあなたのふところの妻、むすこ、娘を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる