ふるさと納税で日本を元気に!

野倉摩紀さんに送る雅歌

野倉摩紀さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

し、さんび。エズラびとエタンのマスキールの歌神よ、もろもろの戦士となる。万軍の主のみ名のある人々二百五歳であったリヅパのした憎むべきものが立てられる時から、千二百、雄羊五頭であったパシュルは、エレミヤがこれらのユダヤ人、すなわちイスラエルがエジプトから、鉄の筆、金剛石のとがりをもってしるされ、イスラエルの家をたてたラケルとレアとを、慎んで行い、『わたしに与えよう」。ヤコブの腰から出、いのちの光のうちで安息日に酒ぶねにあけ、再び水をくみ入れよ。良い骨をこれに下すのではありません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる