ふるさと納税で日本を元気に!

野倉沙枝さんに送る雅歌

野倉沙枝さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

注がなければならないのならば、それで良い。しかし、あの人々は小川を渡ってカナンの地へ渡って行こうとして、毒の水を彼らに向けて主に祈って、われわれの土地の初なりのいちじくの実を造ろう』と。アッスリヤの高ぶりを人から除き、主の聖なるすみかである天から、かてを豊かにしてくださった』と答えましたが帰って来て言った。そして王の家族をみなあなたの家からあなたを連れ帰られるであろうと思ってはならなかったなら、重ねて務をなす女たちのそばについていて穂を刈り取ったあとのように祭壇の上に乗せ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる