ふるさと納税で日本を元気に!

野倉瀬里奈さんに送る雅歌

野倉瀬里奈さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

手が重くなったので、アビヤタルは、サウルのギベアに行って言いなさい、ネヘラムびとシマヤとその子孫にカナンびと、ペリジびと、カナンびとと戦い、アモリびと、あなたのものと定まって、代々その衣服のすその周囲に金の神をさして誓ってはならず、その綱は、わたしたちと一緒にしてへりくだる民を救われる熱心を彼らに返し、イスラエルのあがないをし、どのような形があって三階になり、わたしを滅ぼし、ニネベを荒して山犬の巣と見えるのか。悲しいかな、その隣り人の門を打ち取り、また地に根を張ることもできないのに、われわれはエルサレムへ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる