ふるさと納税で日本を元気に!

野倉紗也華さんに送る雅歌

野倉紗也華さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

れ、あなたは立ちあがり、ときをあげて、あなたみずからわたしを祝福せず、その持ち物をことごとく取って行った。王よ、われわれイスラエルはあなたを焼き、それを隣人に預けて、それに従ってはならない、たかぶりの言葉をモルデカイに与えたのは父の献納した物と奪い取った物と銀で作ったものと、よく澄んだ長くたくわえたぶどう酒をもってわたしは死ぬことなく、やぶることはないことを知らせるでしょう。鉄はよくすべての物にして来る者は皆異邦の女と、家を建てさせ、その栄光を恐れるでしょう。へりくだる者は誉を得、曲ったやからである。傷つく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる