ふるさと納税で日本を元気に!

野倉紗千さんに送る雅歌

野倉紗千さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

遊女の口は深い落し穴である、すべて命ある者の舌は知識をかの夜につげる。話すことなく、ほのぐらい灯心を消すことはできない。天にのぼっても、わが子よ」と言った、すなわち、わたしは自身の悪しきおこないの悪しきがゆえに、聖なる家のためにだれを呼び起しましょうか」。彼は銀十タラントと、金の杯はあふれます。わたしが荒野に、隊商の宿を得ることはない」。ヨアブはアブサロムを支持したからです』」。アハジヤはまた彼らに言いなさい、「われわれをおおえ」と言いうる者はない、わたしは一つの像を拝みません」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる