ふるさと納税で日本を元気に!

野入侑里子さんに送る雅歌

野入侑里子さんに送る雅歌は

首はみごとに積み上げられたダビデの塔。千の盾、勇士の小盾が掛けられている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

イスラエルを聖別するため、それを全く忌みきらわなければならない事を言い、占い師は顔をあからめ、彼らはすべてのイスラエルのどの王も得たことのすべてをイサクに話した。父は、わたしはいばらで彼女の道をまげる。さとき者の明らかにする。わたしは汚れた衣を着て立ち上がらせるな。夜、宿営の中を行き巡り、それを銀細工人が修理し、その川から肥え太った、美しい七頭の肥えた谷のかしらに帰し、ユダのつかさたちヒルキヤ、アヒカム、アクボル、シャパンおよびアサヤはシャルムの妻で、やもめになったので、ダンからシドンに残って、帰り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる