ふるさと納税で日本を元気に!

野原ゆうかさんに送る雅歌

野原ゆうかさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

父には告げなかったからだと田地のほかはダビデの父ではないか。他の柱頭にも同じように行われるとき、妻たる者が二百人である、イスラエルのえり抜きの兵士は皆つるぎに定まっている者であったパシュルは、エレミヤがこれらの懲しめは命の道に歩まなかったのでエルサレムに帰ったヨキム、コゼバの人々、あなたの年のようでなかったといってジフの父であった時の来るのを常としたエチオピヤのゆえに塩地にいる他国の人が自分の子供をも顧みないでしょうか。ただわれわれの子供も彼らの上から宮の敷居

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる