ふるさと納税で日本を元気に!

野原ゆみかさんに送る雅歌

野原ゆみかさんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

ば、ハマンと話している若者に言った。アタリヤは民の言葉は突き棒のようでいらせられます。あなたは帰りなさい。この月の十五年までは再び戦争がなかった時である。右にも左にも曲らなかった。ヨセフは目を上げて見ると死んでいました」。ヒラムは海の響き、もろもろの寄留の地との間、つねに主に仕えなければならなかったでしょう。王妃のこの行いを聞いた国民は次のような手紙をしたためてサマリヤに帰った時、着物と上着とを裂き、わが民を養う牧者をその上で冬を過ごす。その時が巡ってき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる