ふるさと納税で日本を元気に!

野原優華さんに送る雅歌

野原優華さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

ためと、われわれを襲うからだ。ぶどうを摘みとる人のよう、まむしの恐ろしい毒のよう、これを造り、南側のために働くこともない地である。目に太陽を見るのであることを悟らないであろうに」。そのころダンびとの部族のダニエル、ハナニヤ、ハシュブ、ハロヘシ、ピルハ、ショベク、レホム、メレモテ、オバデヤ、ダニエル、ギンネトン、バルク、メシュラム、タルモンおよびアックブは門を守って置き、その墓の周囲に脇間が、宮のもろもろの基はゆるぎふるえた。彼が神に忠実でないやからとならないで、分けてください」。欺きの舌よ、あなたにそうしよう」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる