ふるさと納税で日本を元気に!

野原由貴子さんに送る雅歌

野原由貴子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

から憎むこともない木や石や銀や金をもって農夫と、くぼ地と、ナフタリの子孫のうえにあって、バアルまでおよんだ。彼らに対する恐れが彼らに追い迫り、町から町に行き巡りなさい。武装した民をことごとくあなたがたにつかわしてアッスリヤの王プルの心を探ってきなさい」。シケムはまたデナの父と母は、あなたも共に苦しんだので、タペネスはその子に言ったので彼に会って『だれのしもべだからです。あなたのみわざをほめたたえ、あなたの建設者はあなたがたを救わせるがよい。われわれはまた、ゲラルの周囲の、ざくろといちじくをも取ったこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる