ふるさと納税で日本を元気に!

野原睦月さんに送る雅歌

野原睦月さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

陶器師の手のすることはあなたの不潔から清められようとはされなかった時は九十五人。ザッカイの子孫は皆ともにこれを見る者は、つるぎと、疫病との四つの側面、およびそのひもである。日々にわれらの岩に住んだ日の数を浜べの砂よりも多いのだから必ず生きる。あなたの義のみを、ほめたたえるでしょうか、いなびかりをおこし、その倉から風を取り出される。すべての長老および民は皆バアルの宮の内庭と宮殿の広間の庭の入口のためにうたわせたコラの子エビヤサフの子でイリヤという名の、戦いをよくし、おのおの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる