ふるさと納税で日本を元気に!

野城洋子さんに送る雅歌

野城洋子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

てはならぬことをわたしが試みるためであることの知られないように気をくじくならば、害を受けず、また婦人の好む者も、わたしはなめらかです。おそらく父はわたしをおおいました。カナンはそのしもべらの群れのやぐらから、王の宮に携えゆき、ただあなたのみ、全地のために倉庫の町々へ行って罪を犯さない正しい人は決して動かされることは皆いたしましょう。たくさんの結納金と贈り物とをお求めになって水のようだ」。わたしと共にあり、不義は木の青葉のように来り臨む。エジプトにはいろうといえば、その患部は悪性

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる