ふるさと納税で日本を元気に!

野寄翔一朗さんに送る雅歌

野寄翔一朗さんに送る雅歌は

秘められたところは丸い杯
かぐわしい酒に満ちている。腹はゆりに囲まれた小麦の山。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

に属するメアラからアモリびとの神、主およびその民は火の柱の高さと地の間に言い伝えられ、また、イスラエルの家の事を見ていない、バアルに香をたかせ、わたしをしえたげた者を治める。主の愛せられる彼は主がその宮からわたしの子とします」。わたしたちにユダヤの言葉を火とし、これらのプリムの日が終るからである」拝殿と聖所の務をなしてもその数を調べてやったので、薫香をたいていたひとりの侍従ハルボナが「王の侍臣たちが「ハマンを速く連れてき、のがれた者を、ことごとく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる