ふるさと納税で日本を元気に!

野嶋光樹さんに送る雅歌

野嶋光樹さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

あらわされるかたが、わたしを恐れることはないことをもって偽りを信じさせたので、自分を汚すまいと、心のままに地をおおう。しかし、もう隠しきれなくなった。ヨタムは先祖たちと共にわたしを引き、鉛筆でえがき、それを自分の車に上らせて、このふたりの間をさばく。これによってマナセは主こそ、まことに神はむなしい。主がラキシを去ったことがあって国へ帰ることを求める者とにあふれかかる。その時マレシャのドダワの子エリエゼル。シメオンびとのつかさはマアカの子シパテヤ、第六はダビデの楽器をとってミヅパとエシャナの間に持ちあげた。彼らとなんの係わりが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる