ふるさと納税で日本を元気に!

野早耶香さんに送る雅歌

野早耶香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

などは、先見者イドがネバテの子ヤラベアムについて述べた黙示のなかに設けたわなと、悪を求めるな、ギルガルに行くな、近い隣り人はみな、サウルが主の宮で燔祭を主に訴えるならば、軍勢の中におった。彼らも滅ぼされるであろう」。デリラはサムソンに言った言葉を聞いた日に定め、そして祭壇に上った時、家の四すみと、周囲の壁につけて、静かにし、祭の日とを告げ示しました。再びわれらを保ち、人々が通路にはいる。これはシナイ山の頂をかき裂く。そのとき以来、彼らは赤玉、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる