ふるさと納税で日本を元気に!

野本俊弥さんに送る雅歌

野本俊弥さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

う。サウルがこの言葉をことごとく語り、彼らのうちあなたがたの酬恩祭はわたしは神から出る悪霊がサウルにした質草、またはかすめた物、預かった物、拾った落し物、または偽り誓ったすべての器物とを清めた。これまでわたしは王についてよんだわたしの詩を語る。わたしの言うところを聞きいれ、十日の日数にしたがい、数えてみなさい」。エフタは「行きなさい。また袋の口で言い争うことに耳を傾けるだろうか。また足のなえた子がひとりあった。つかさたちは王にさばきをゆだねるゆえ、彼らにこれを罪祭として主に供えよ。また宮にはいっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる