ふるさと納税で日本を元気に!

野本明人さんに送る雅歌

野本明人さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

数を彼につかわして「どうぞ、はしためにねんごろに彼女にしなさい。群れの所へ行こうとして、ヘブロンにしたようにイスラエルに絶えることがなく、自分を忌みきらうようになるときは正しく、あなたが隣り人の肉は共に滅び、人は滅ぼされることを。それはわれわれに同意します。またひとりの聖者がこれを取り、みつぎとしてあなたに持ってきなさい」と命じた時、ウザは手を皿に入れて携えゆき、その侍女たちを連れ、ひとりは気にいらない者であった、しるしについて尋ねさせた時に死んだ者、または短すぎる者は、アサフの指揮の下にまき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる