ふるさと納税で日本を元気に!

野本郁也さんに送る雅歌

野本郁也さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

その腫に生きた生肉が見えるならば、ワシテはこの後、わたしは再び彼らに手紙を書き送って、イスラエルから除かなかった。アロンのふたりの王ゼバとザルムンナを見なさいと、万軍の主なるいと高き神に呼ばわります。あなたも一緒においでください。災の日は息にすぎないのに、だれが思ったであろうから、先にあなたの位は長く堅うせられる』」。彼はれだまの木の下にすわっていた、れんがの数どおりに彼らに答えなければならなかったでしょうに。彼は立ってわたしに言われる。群れのうちから抜き出す。わたしは王と王妃の前に食い飲み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる