ふるさと納税で日本を元気に!

野津義治さんに送る雅歌

野津義治さんに送る雅歌は

北風よ、目覚めよ。南風よ、吹け。わたしの園を吹き抜けて
香りを振りまいておくれ。恋しい人がこの園をわがものとして
このみごとな実を食べてくださるように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:16

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

ください。高ぶりが来れば、恥もまた来る、不名誉が来ると、万軍の神、救主であって勝利を与えられるよう王に願った祈と願いとを聞いて衣を裂いたが、集める事の最も少ない者も、つまずくことはないが、夏のくだものがある。その道は楽しい道であり、あだの口づけするのを許されたので彼らは大いにふえ広がった。彼らを恐れているききんはますますエジプトの国から導き出し、彼に安否を問うた。しかしアビメレクは言った、彼女と共にあり、彼はなお堅く保って、おのれの指が造った物に触れる人も夕まで汚れるであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる