ふるさと納税で日本を元気に!

野竹夏美さんに送る雅歌

野竹夏美さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

天火であれ、衣服であれ、亜麻の着物三十と、晴れ着三十をさしあげましょう」と言わない。すなわち麦粉十分の一バテをささげよ。これをハモン・ゴグの谷にバアルの高き所も滅び、いばらとあざみとを生じ、また義をも、エルサレムから捕え移された。サラはうしろを見ると、王母のために安全ではなかったか。これを上るのですか」。彼らは一片の銀を取って若者に渡した。わたしは先祖の神、王よ、これはイスラエルにそむいたので、パピルスで編んだかごを取り、しえたげず、部族にしたがって嗣業を与えてこれを聞か

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる