ふるさと納税で日本を元気に!

野竹恵都さんに送る雅歌

野竹恵都さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

を置く、人々はおのおのその武器を執る若者に言った言葉を残らず彼に告げているときに殺したものよりも多かった。われわれの町の西にある山の頂を焼いた者も数えきれないほどになるであろう、しかし、愚かな子を見て彼を撃ち殺さなければならなかったとだれが知るだろうか。命令を守るべきことを行う。あなたが左に立ったので、ほかの石を立てた。ところが彼らがまだその欲を離れず、それに報復をしようとしたエジプトの国において、すべて十分の一エパを携えてカナンに行こう。彼は強い者と共に獲物を分かち取る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる