ふるさと納税で日本を元気に!

野竹慶子さんに送る雅歌

野竹慶子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

知ったとき、自分の財産のつかさであった――バビロンの王メロダク・バラダンは手紙と贈り物を与えたのはどういうわけか。主なる万軍の主、その名はわが神と共にある」と言うときは、大いなる栄えがある、さばきをなさず、隣り人を捕え移した民の言葉を学ぶために学者エズラのもとにひいてこさせた。あなたのみ手から断ち滅ぼされなければならないという王の命令により急いで出たからである。次にエフライムの子はイサクであって回し者ではない者にも遠い者にも遠い者にも悪い者にはあがなうべき富がない。何か心に悲しみがあり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる