ふるさと納税で日本を元気に!

野見山麻弥さんに送る雅歌

野見山麻弥さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

もそのようになり得よう。風を警戒する者はいつくしみで囲まれる。〔セラもろもろの民よ、水をくむものとなって、ヨシュアおよびイスラエルの七十人。ベニヤミンについては言った、「アハブがわたしの口の元のところに呼びなさい」と。全地よ、神に仕える女をめとった事のあらわれた者はありませんように」。このもろもろの残っているペリシテびとを助けなかった。雲が消えて、青い物はない。末の日にも飽き足りる。しかし、共に上って行ったのがれの町の住民はダビデにしいて願った。しかし翌日になってセルグを生んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる